2007年03月23日

2007・17号☆ ワンピース

  


     ☆ワンピース☆

『スリラーバーグ』についたルフィ一行。そこのは王家七武海の一人『ゲッコー・モリア』がいるという情報を聞かされた。彼はここでなにをしているのか…

そしてホグバックの屋敷にいるウソップたちは、ついにホグバックの研究所をみつける。そこにはシンドリーの姿もあった。彼女は事故死したはずなのだが…
さらに中に目を向けていると、とんでもないものをウソップたちは見つけてしまう。
腕には番号が、そしてホグバックはもうすぐ完成だと。
これはやはり完成形のゾンビなのか…

しずかに中をうかがっていた三人の後ろから急に声が。
『ヨホホホホ…』。この言葉使いはブルック!?のはずなのだが、骸骨ではなく肉も皮もついていた。一体どうなっているのか??
そして三人はブルックが壊した扉の性でホグバック達に見つかってしまう。見つかったのにもかかわらず余裕に表情のホグバック。彼の言った『夜討ち』とは一体どんなものなのか…

そして『夜討ち』がもうすぐ始まる時間なのかスリラーバーグがあわただしくなる。屋敷の外にいた幽霊たちがあつまり、ひとつの体に集まっていく。彼女の名前は『ゴーストプリンセス ペローナ』。

庭では、以前透明の体でナミを捕らえた人物がゾンビたちに活気を与える。彼の名前は『墓場のアブサロム』。

ゲッコー・モリアを起こすためにはしる部下達。



ルフィ達は屋敷に向かう途中あるものに気づく。屋敷の後ろにマークらしきものが…
このマークはどくろのマークをしていた。ということは…この『スリラーバーグ』が町ひとつを乗せた世界一巨大な海賊船だったのだ。

ホグバック、ゲッコーモリア、ペローナ、アブサロム。この4人がそろい、いよいよ『夜討ち』が始まる。。

posted by キム兄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。