2007年03月23日

2007・17号☆ リボーン



    ☆リボーン☆

死ぬ気弾を飲んだツナ。そして戦いは始まった。
相手はこういった。待っていた。ハイパー死ぬ気モードのお前を…
そしてなぜ俺達を狙う?というツナの質問にも、時間がないと答えてはくれない。

そして相手の攻撃の手は休まらない。それどころか、ますます激しくなる一方だ。
ツナはますます追い詰められる。そしてついに『零地点突破・改』をだすまでに。
これを出したツナを相手ではさすがにきついと感じたのか、何か違う武器を出し始めた。
ムカデのようなものが、ツナの体を縛っていく。ツナはそれをはずそうと死ぬ気炎を発揮する。

しかし、そこまでしてもツナをしばるものは取れない。それどころか死ぬ気炎を出しすぎたツナは元のツナに戻ってしまった。
ツナと獄寺はここで倒れてしまうのか…

そこで初めて相手は正体をあかす。彼…ではなく彼女の名前は『ラル・ミルチ』。
ラルは、ここまで派手に暴れたらやつらに見つかる。はやくこの場からさるぞ。とツナたちに言った。そして、マモンチェーンというものを取り出し、これをリングに巻きつけるように指示した。これは指輪の力を封印することができる道具らしい。

そしてこれから向かう先とは…この時代のツナたちのアジトだった。ツナはすかさず質問をそこにいけばリボーンに会えるのか?と。しかラルは言葉をなかなかださない。
次の一言…コロネロ、バイパー、スカル、最強の赤ん坊アルコバレーノ達はみんな死んでいった。もちろんリボーンもいない。

衝撃の一言を聞いてしまったツナはアジトに向かってしまうのか?
posted by キム兄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37007831

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。